高い信頼性が持てるフッ素コーティング性の離型剤はおすすめ

水の波紋

離型剤を使用して成形物を綺麗に金型から剥がそう

日常の生活の中で何気なく使用しているゴム製品やシリコン製品、そしてプラスチック製品は、使用目的を果たすのに最適な形・サイズにきちんと整えられています。店舗でこういった製品を買う場合、アイテムごとにサイズや形状が違っているようなら、その製造元の品質管理体制に疑念が湧くでしょうし、そうした製品を誰も買わないでしょう。このように、製品を規格通りの形、そしてサイズに成形するには、フッ素コーティング剤が成分の離型剤の使用が不可欠です。
離型剤というのは、その名称から、何のために使うものかが理解しやすい薬剤と言えるかもしれません。製品を形作るために使用する金型の「型」から、型を使って成形されたものを「離す」ために使う薬剤という意味です。シリコンにせよ、プラスチックにせよ、離型剤を使用しなければ、流し込んだ金型からそう簡単に剥がれてはくれません。つまり、折角規格通りの大きさと形に整えても、型から剥がすステップで形が崩れたり、破損したりしてしまうリスクがあるのです。そこで、フッ素コーティング剤を使った離型剤を塗布することで、金型表面が非粘着性という特性を持つようになり、成形物が綺麗に剥がれるようになります。これが、離型剤の働きです。

フッ素コーティング剤を使った離型剤の優秀さ

市販されているプラスチックやゴムの製品は、全て何らかの形を持っています。こうした製品の原材料であるプラスチックもゴムも、それ自体は何の形も持ってはいません。製品の製造プロセスの一つに成形作業というものが組み込まれており、そこでゴムもプラスチックも、用途に相応しい形状に変形されるのです。
その成形という工程では、フッ素コーティング剤が成分の離型剤が大活躍しています。こうした原材料を使った製品は、成形する際に金型という型を利用します。離型剤は、この金型の表面に塗って使うもので、それにより、製品の形を取ったプラスチックやゴムと金型をスムーズに分離させることが出来るようになります。
フッ素コーティング剤を主成分とする離型剤は、この際の離型性能が非常に優れていることで、現場で重宝されています。製品と型の分離がスムーズなことは勿論として、その際に、離型剤そのものが製品に移らないという特性もあるため、成形後の製品の汚れが殆どありません。また、成形物に離型剤が移らないということは、金型に離型剤がしっかり残っているということですので、その分数多くの連続離型をこなすことができます。
製造業を営んでいて、優秀な離型剤をお求めであれば、是非、フッ素系離型剤を選択しましょう。

現場で使いやすい離型剤を選ぼう

生産ノルマと時間に追われる製造現場では、あらゆる事態に現場で臨機応変に対応できる状態にしておくことが、効率よく作業を進めるために大切なことです。成形作業を進めている現場でおこりがちな問題と言えば、離型作業の途中で離型剤の効き目が悪くなってくることです。離型剤が上手く効果を発揮しなくなると、成形に失敗した製品が続々出てきて材料が無駄になるばかりか、失敗した製品の数を補うために追加の作業をしなければなりません。これに備えるためには、現場で手軽に塗布できるタイプの離型剤を用意しておくことです。
この要請にピッタリの離型剤として、フッ素系離型剤があります。フッ素コーティング剤を成分として含む離型剤で、金型に適用すると、非常に滑らかに離型作業が出来ることで、利用者からは大変高い評価を受けています。フッ素系離型剤は、更に、刷毛を使って金型に塗布するタイプ、或いはスプレー缶を使って吹き付けるタイプの製剤があり、これを成形現場に常備しておくことで、離型作業をほぼノンストップで進めることができます。
離型性能は、連続離型を進める間に徐々に落ちてくるものと心得ておき、追加の離型剤を現場ですぐに塗布できるようにしておくといいでしょう。


ゴム製品やシリコン製品などを成型するために使う離型剤をお求めなら「フロロテクノロジー」は要チェックです。こちらの離型剤はフッ素コーティング剤が使われています。